借金 踏み倒し

借金踏み倒しは簡単ではありません!

 

当サイトへご訪問いただきありがとうございます。
当サイトに興味を持っていただいたという事は、あなたは借金で苦しんで踏み倒したらどうなるのか心配されているのだと思います。
それとも親しい方が借入の返済で苦しんでいるのかもしれませんね。

 

 

 

 

借金には5年(個人からの借入の場合は10年)の時効があり、それを過ぎれば支払義務がなくなる為、一応は踏み倒し可能です。
ですが、貸金業者側が時効の中断手続きを行えば5年、更に判決を取った場合は10年もの間、時効が引き伸ばされます。
このような長期間、借金踏み倒しの為に逃げ続けられますか?

 

現実的に考えて無理があります。

 

 

キャッシングやクレジット等の借金を滞納すると取り立てが開始されます。
テレビなどで昼夜問わずアパートにきてドアを叩きまくる、という取り立てはありません、というか禁止されています。
闇金などから借りればまた話は別ですが・・・

 

他にも禁止事項が多々あり、借金返済のために他の金融機関から借りさせる事や、家族や親戚に返済を迫る事、夜中や早朝は取り立て禁止など様々な条件が定められてます。
つまり向こうは、強引な方法は使えないのです。
ですので最終的には差し押さえという法的手段に出てきます。
給料、自宅、車・・・お金に換金できるあらゆるものが持っていかれます。

 

これらのものを全部持って逃げる事はできませんよね。
それに10年以上も誰かから隠れて、逃げ暮らすなんて精神衛生上良くありませんし、人間らしい生活ができなくなります。
もっと楽に問題を解決する方法は・・・

 

 

借金踏み倒しではなく、こちらも法的手続きを行えば良いのです!

 

 

借金を滞納するとどうなるのか詳しい人に聞いてみた!

 

金の切れ目は縁の切れ目と言われます。
仕事柄「借金踏み倒し」対策について、よく相談を受けます。
借金を踏み倒した際、言い換えればお金を借りて返済しないとどうなるかですが、誰からか借りたのか、担保はあるのか、保証人はいるのかにより対処方法は変わります。

 

貸した側の回収方法としては、個人間では、口頭や手紙の督促、催告書や内容証明郵便による督促、それでも困難な場合で貸付の事実が契約書で疎明でき、相手の居所が明白で60万円以下貸出の場合は、少額訴訟という方法があります。
ただ、相手の居所がわからず音信不通だと回収は困難となります。

 

消費者金融からキャシング、カードローン等の無担保・無保証の借入を返済しないと、書面による督促、訪問による督促が行われます。
借金踏み倒しで逃げたとしても、定期的に住民票を調べたり、給与の差押等の手続きが取られるでしょう。
時効中断のための内容証明郵便なども必ず送って来ます。

 

 

 

 

金融機関、例えば銀行ローンなどの借金踏み倒しをすると、銀行は保証会社に代位弁済を求め肩代わりしてもらい、債権は保証会社に移行し、保証会社の督促専門部署が調査・交渉に当たる事となります。
住宅ローンの場合は任意による一括返済が無理な時は、競売となり回収にあてられます。

 

回収できない債権は税制上損金として処理されることになります。
いずれにしても信用情報機関のブラックリストに乗ることになり、住宅ローン借入や会社代表者の場合は会社借入が困難となります。
保証人特に連帯保証人がいる場合は、連帯保証人に債務弁済義務が発生しますので請求されることになります。

 

どのケースについても債権者は、債務者・保証人が法的に個人再生・自己破産等行うとそれ以上の追求ができなくなります。

 

 

借金踏み倒しは損!

 

借金返済の目処がたたないなら、弁護士や司法書士に相談して法的手続きを行うのが賢いやり方です。
法的手続き(債務整理)にはいくつかの種類があります。

 

任意整理

弁護士や司法書士が窓口になり、債権者と協議の上で金利減免などの返済条件の見直しを行います。
高金利の借金を長期間していた際は、払い過ぎた利息(過払い金)が戻って来る場合もあります。

 

特定調停

簡易裁判所に申し立てて、特定の債務に関して整理を行う方法です。
調停委員が仲裁役となり、双方の合意できるよう調停を行います。

 

個人再生

住宅ローンがあり、自宅を手放したくない時に行う手続きです。
大幅な元本カットが可能な点が特徴です。

 

自己破産

全ての債務を帳消しにできる方法で、返済に窮した場合の最終手段です。
言わば、合法的な借金踏み倒しですが、一度この手続きを行うと、その後7年間は免責されませんので、短期間に何度も行う事はできません。

 

 

 

 

いずれの手続きも、弁護士・司法書士に依頼して行うことが殆どです。
借金踏み倒しの為に夜逃げして10年以上も隠れ住みますか?
現実的には、これらの手続きを行う方がよっぽど楽です。
合法的な借金踏み倒しである自己破産をしたとしても、7年程度我慢すれば、またクレジットカードも作れるようになるのですから。

 

たしかに弁護士費用は若干掛かりますが、最近は分割払いも可能ですし、引っ越し代よりは余程負担は軽いでしょう。
無料相談窓口を設置している法律事務所も増えています。

 

とは言え、いきなり弁護士に連絡するには勇気が必要ですよね。
そこで当サイトでは、まず「借金解決診断シミュレーター」の利用をお勧めしています。

 

 

借金解決診断シミュレーターは、5つの質問に答えるだけで、借金の減額方法や月々の返済額がいくらになるのか、調べる事ができます。
しかも日本全国OK、土日祝日OK、24時間受付OKです。

 

名前、住所も不要で、匿名かつ無料で利用できるので、まず試してみると良いでしょう。
借金を解決できそうな結果が出た場合だけ、弁護士に相談すれば良いと思います。

 

 

もし借金返済に困窮して踏み倒しを考えているなら、一人だけで悩むのは、もうやめましょう!
周囲に迷惑を掛ける前に、まずは無料シミュレーターで問題解決可能か確認してみましょう。

 

悩んでいても生活を立て直す事はできませんし、勇気を出せば穏やかな日々を取り戻せますよ。